出版社
二見書房
レーベル
シャレード文庫
発売日
2006.11.01
最終更新日
2022.05.01

  • ときにはひとりで、やっぱりふたりで~メス花歳時記~

    2022.05.01発売

    価格

    700

    pt

    7pt還元

    お前と一緒にいると、どんな日でも記念日みたいになるなあ

    嫁を世界一溺愛する男・江南と、可愛くも頼もしい嫁・篤臣。
    シャレード文庫のロングセラー「右手にメス、左手に花束」、通称「メス花」シリーズ、春夏秋冬・日常編。

    職場の働き方改革により珍しく休みが重なった、K医大附属病院消化器外科助手・江南耕介と法医学教室鑑定医の永福篤臣。二人は春の陽気に誘われて、篤臣の特製弁当を片手に目的地を決めない花見へと出かけるけれど…? 「愛やなあ」――嫁を世界一溺愛してやまない男・江南と、可愛くも頼もしい嫁・篤臣が寄り添って歩んでいく春と夏と秋と冬。ありふれた、けれどかけがえのない日々をお届け! 巻末には「君と旅に出る」を収録。
  • 離れていても、隣にいても~右手にメス、左手に花束12~【特別版】

    2019.12.01発売

    価格

    700

    pt

    7pt還元

    まあ、おおむね愛の力違うか?

    嫁を世界一溺愛する男・江南と、可愛くも頼もしい嫁・篤臣カップル第12弾☆
    二人を取り巻く人々の真摯で愛情深い大切な日々。

    法医学教室勤務の篤臣は、三週間後に迫ったK医科大学学園祭で病院の企画であるチャリティーバザーを楢崎と共に任される。一方、小田教授の出張オペに同行するという外科医の江南は久々の里帰りも兼ねることに。マメに入る江南からのラブラブメッセージに微笑んだりからかわれたりしながらも、バザーチームは総員挙げてのイベントモードに突入し…!?

    紙書籍発売時、フェア用に書き下ろされたSSを収録した特別版!
  • 乱入者に情、配偶者に愛【特別版】 右手にメス、左手に花束11

    2016.12.01発売

    価格

    700

    pt

    7pt還元

    小春も可愛いけど、そういうお前がもっと可愛い
    生まれたての文鳥のヒナを預かることになった二人。篤臣手ずから世話されるヒナに、案の定、江南のやきもちが!?


    仕事中、利き腕を脱臼してしまった篤臣。虫垂炎のときのようなすれ違いでなく、今度こそ自分が日常の世話をすると宣言した江南に、篤臣は申しわけなく思いつつもくすぐったい喜びを覚える。しかし宣言通り早く帰宅した江南の手には、なんと文鳥のヒナが!? 結局、篤臣が日中の面倒を見る羽目になるも、江南はヒナにまでやきもちを焼く始末で…。



    椹野 道流 (著), 鳴海 ゆき (イラスト)
    出版社:二見書房

  • 友には杯、恋人には泉【特別版】 右手にメス、左手に花束10

    2015.07.01発売

    価格

    700

    pt

    7pt還元

    これまでもこれからも二人きりやけど、
    俺ら、もう立派に家族やな


    正月休みをハワイで過ごす計画をしていた江南と篤臣。そこへ美卯の母・ミドリが入院することに。娘の将来を悲観するミドリが安心して治療に専念できるようにと主治医の楢崎が提案したのはなんと、自分が美卯の恋人役となることで…。心配しつつも芝居に気乗りのしない篤臣に、江南から彼らしからぬサプライズが!? どうなるハワイ、ほっこり年越し編



    椹野 道流 (著), 鳴海 ゆき (イラスト)
    出版社:二見書房

  • 故きを温ね、新しきを知る 特別版 右手にメス、左手に花束9

    2014.04.01発売

    価格

    700

    pt

    7pt還元

    死ぬまで……いや、死んでも、お前だけやで
    ポリクリの学生にマジギレ寸前の江南をよそに、大西には人生の春が!? そしてクール・ビューティー楢崎の恥ずかしい過去が晒される!?


    師走のとある夜。篤臣はいつになく沈んだ様子の江南から、消化器外科に来たポリクリの学生に手を焼いていると聞かされる。学生の名は板倉祐二。今風の容姿にそつのない振る舞い、しかし板倉の本質はモラトリアムという楢崎の言葉に、臨床の現場でいつか問題を起こすのではと篤臣たちは案じていた――。一方そんな心配をよそに、もう一人の消化器外科医には春が。見たことのない大西の姿に驚きと失笑を禁じ得ないものの、同時に様々な人生の節目に立ち会った江南と篤臣は、結婚の誓いを思い返し…。



    椹野 道流 (著), 鳴海 ゆき (イラスト)
    出版社:二見書房

  • 月にむら雲、花に風-右手にメス、左手に花束8-

    2013.01.01発売

    価格

    700

    pt

    7pt還元

    お前のためやったら、俺はなんでもするからな
    消化器外科で助手に昇格した江南に続き、篤臣もついに鑑定医へ。
    その重みを受け止めようとする篤臣に江南は…


    助手に昇格した江南に続き、篤臣も恩師の城北教授から鑑定医への昇格を言い渡される。法医学者としての独り立ちを意味する鑑定医という職の重責のもと、篤臣は司法解剖を初めて仕切ることに。だが待っていたのは、自身の覚悟を根本から揺るがす悲しい事件だった。苦しむ篤臣の背中を姉のような上司・美卯が、気障な友人・楢崎が、何より篤臣を『自慢の嫁』と言って憚らないパートナー・江南が押していく。優しい人たちの支えに、篤臣は祈るように、静かな決意を胸に立ち上がる。江南はそんな篤臣のため、とある計画を立てるが…



    椹野 道流 (著), 鳴海 ゆき (イラスト)
    出版社:二見書房

  • 僕に雨傘、君に長靴 -右手にメス、左手に花束7-

    2012.06.01発売

    価格

    700

    pt

    7pt還元

    可愛い俺は嫌いか?
    篤臣と江南のトラウマ温泉旅行&江南が楢崎と合コンで篤臣は鯵と? のラブスウィートな二本立て。巻末キャラ対談つき☆


    法医学教室助手の篤臣と消化器外科医の江南。恋人同士のいつもの夕食で、珍しくかしこまった江南がきり出したのは、二人にとって因縁の温泉旅行の提案だった。強姦まがいに犯され、篤臣にとってトラウマとなった場所。そして、江南にとっても消えぬ罪を思い起こさせる場所。
    あんときのこと、もっぺん仕切り直させてくれへんか?
    ──江南の真摯な言葉に、篤臣は過去と向き合うため、その誘いを受け入れるのだが…。
    篤臣&江南の温泉旅行編「旅に出よう」ほか、楢崎と江南の合コン編「愛と嫉妬と鯵フライ」の二本立て!
    おまけの巻末キャラクター座談会つき。



    椹野 道流 (著), 鳴海 ゆき (イラスト)
    出版社:二見書房

  • 頬にそよ風、髪に木洩れ日-右手にメス、左手に花束6-

    2011.07.01発売

    価格

    700

    pt

    7pt還元

    俺はお前にベタ惚れなんやて、
    何度言わす気や


    学位を取得した江南は、助手になることが内定し、ますます忙しい日々を送っていた。中でも腹膜炎で入院中の少年・松川孝志をめぐっては、事件の被害にあった可能性があるとして警察が捜査に乗り出してくる。江南を労りつつサポートする篤臣は、法医学者として鑑定を依頼され一つの仮説を提示するが…。以前より感じていた腹痛が悪化し、職場であり、江南の待つK医大附属病院へとうとう緊急入院することに。そこで待ち受けていたのは、ドS楢崎の内科診察&元気ハツラツ小田教授の執刀フルコースで――!? 
    メス花シリーズ第6弾!! 全編書き下ろし☆



    椹野 道流 (著), 鳴海 ゆき (イラスト)
    出版社:二見書房

  • その手に夢、この胸に光

    2010.10.01発売

    価格

    800

    pt

    8pt還元

    シアトルでの留学生活に別れを告げ、日本に戻って元の職場に復帰した江南&篤臣。お互い仕事が忙しく、江南にいたっては家に帰ることも稀で、一緒にすごせる時間が格段に少なくなっていた。その上、江南の所属する消化器外科では教授選が始まり、大学内で様々な噂が飛び交う。江南が支持しているのは、圧倒的不利と見られている小田講師。小田が負ければ江南は医者としての未来を棒に振ることになる…。一方、篤臣は偶然小田に会う機会があり、江南の将来のために自分を支持するのをやめるよう説得を頼まれる。相棒の信念を応援する篤臣は逆に江南を後押ししてしまうが、事態は思わぬ方向へ…。書き下ろしは、世津子の誘いで里帰りした篤臣と江南の夏祭り編。



    椹野 道流 (著), 唯月 一 (イラスト)
    出版社:二見書房

  • 夜空に月、我等にツキ

    2006.11.01発売

    価格

    800

    pt

    8pt還元

    シアトルに移り住んで一年が過ぎようとする年末。江南の実家に帰省することとなり、篤臣は勘当されたままの江南と家族を仲直りさせようと心を砕く。ところが、江南の母がギックリ腰でうごけなくなってしまい、二人は家業のちゃんこ鍋屋を手伝うことに。手際よく接客をこなし、客にも大人気の篤臣に対し、江南は無愛想で役立たず。篤臣に馴れ馴れしくした客にキレた江南は、父親に怒鳴られて店を飛び出し行方不明に!その行き先はナント!書き下ろしは、クリスマスイブに「初めての共同作業」をする二人の様子が垣間見られるラブラブ短編。



    椹野 道流 (著), 唯月 一 (イラスト)
    出版社:二見書房

「右手にメス、左手に花束」レビュー


あなたにおすすめの作品