出版社
二見書房
レーベル
シャレード文庫
発売日
2006.09.01
最終更新日
2006.09.01

  • 最(強)凶の男

    2006.09.01発売

    価格

    800

    pt

    8pt還元

    旧財閥の御曹司で世界テニスプレイヤーの甲斐秀樹に、どういうわけか見初められ、高校時代からその身体をいいように貪られ続けている弱小スポーツ誌編集の北村智明。会社からまで甲斐の単独取材と引き換えに人身御供にされるのだが、智明の周辺にはストーカーらしき人物の影がちらつきはじめて・・・。トンデモ御曹司と哀れな雑誌編集者の、問答無用強引ラブ。書き下ろしは二人の出会いを描いた高校生時代編!



    ゆりの菜櫻 (著), 鹿谷 サナエ (イラスト)
    出版社:二見書房

「最(強)凶の男」レビュー


あなたにおすすめの作品