出版社
祥伝社
レーベル
onBLUE comics
発売日
2017.03.17
最終更新日
2021.02.25
  • STAYGOLD(6)【特典付】

    2021.02.25発売

    価格

    700

    pt

    7pt還元

    「優士、俺のこと 好き?」駿人へのこの感情を、なんと呼ぶのだろう?優士はついに、その名を知ってしまった。アメリカへ旅立つ駿人と菊花を見送って家を手放すことにした優士とコウは、それぞれ、ひとり暮らしをはじめる。けれど家族の面影がなくなった生活に優士はしだいに憔悴して―――。いつだって側にいて、想い続けてくれたのは駿人だった。中山家・10年の日々と恋、ここに完結!!さらに、コウと日高編、描き下ろし6P収録!【紙&電子共通応援書店ペーパー収録】
  • STAYGOLD(5)【電子限定特典付】

    2020.02.25発売

    価格

    650

    pt

    7pt還元

    【電子限定!描き下ろし特典ペーパー収録】甥っ子(18)→叔父(アラサー)優士、ついに陥落⁉ お前の見てる世界に俺の居場所はあるんだろうか。中山家を出て、2年ぶりに帰省した駿人はすっかり大人びていた。もうあの頃のように優士に想いをぶつけてはこないし、射抜くような視線も向けてこない…。諦めのような、寂しさのような、煮えきらない気持ちに懊悩とするなか、突然知らされた駿人のアメリカ行きの決意。激しくざわめく心に優士は戸惑い、そして…。「この感情につける名前を俺はまだ――。」離れた心がふたたび交錯する、緊迫の第5巻!
  • STAYGOLD(4)

    2019.03.11発売

    価格

    650

    pt

    7pt還元

    何も知らずに、100年生きるより。中山家のプレイボーイ×10年来の執着片想い――衝撃のコウ&日高編。
    「お前は俺の、すべて」 時はさかのぼり、駿人が中山家を出て少し経ったころ。このままの関係で幸せだとかみしめていた矢先、どう転んでか、コウと「キスを許される関係」になってしまった日高。わけもわからぬ夢心地と、あふれだす欲望。気がつけばコウとは、身体をつなげる関係になっていた。たぶん、人生で最高な時間。なのに日高の心には、何故か小さな不安が降り積もって…?10年ぶんのコウと過ごした時間。その一瞬一秒は、永遠に忘れることはない。
  • STAYGOLD(3)

    2018.03.10発売

    価格

    600

    pt

    6pt還元

    中学生編、完結! 「駿人と菊花、連れてくから今までありがとね」俺には無理だ。優士から発された強い拒絶に、もとの家族に戻ったフリをする駿人。おかしな空気がただよう中、中山家を揺るがすさらなる嵐…母、帰郷。今は海女をしているという母から、ここを出ていっしょに暮らさないかと問われた駿人は……。駿人の母と優士の過去も明かされる、波乱と動揺に満ちた第3巻!描き下ろしも8P収録。
  • STAYGOLD(2)

    2017.03.17発売

    価格

    600

    pt

    6pt還元

    STAYGOLD待望の続話!第1巻・新装版とあわせて同時配信! 「…血がつながってなくても家族は家族だろう」 季節は巡り、駿人(はやと)14歳。中学3年生を目前にして高校へは行かず就職すると言い出す駿人に、見かねた優士はコウの友人・日高を家庭教師として中山家に招き入れることに。しかし日高から「おしてダメなら引いてみろ」とアドバイスを受けた駿人は、優士にそっけない態度で接してくるようになり…? 自立したい駿人、「家族」にこだわる優士、そして日高の下心もうずまく、注目の第2巻!!
  • STAYGOLD(1) 新装版

    2017.03.17発売

    価格

    600

    pt

    6pt還元

    ひとつ屋根の下で暴走する片思い 「隙みせたら容赦しねーから覚悟しとけ」 ―両親不在、血は繋がっていたり、いなかったり。ちょっとフクザツなお家事情の中山家は叔父兄弟と甥姪の4人ぐらし。それでも歪な「家族」は、なんとかうまくやってきた。 ―駿人(甥っ子)が優士(叔父)に好きと告げ、キスをするまでは。 13歳のままならない恋心は、大人と子供の境目で、ついに暴走をはじめる。 秀良子の人気タイトルが新装版となって登場! 同時収録は「宇田川町で待っててよ。特別編」

「STAYGOLD」レビュー

すべてのレビューを見る
  • 3

    guest

    2023.09.26

    ※このレビューにはネタバレが含まれています。

    不適切なレビューを報告

あなたにおすすめの作品