著者「松幸かほ」の検索結果

7件

    見つかりませんでした。

  • 不器用社長は愛を手放さない

    もう、俺を好きという認識にしておけ

    郁之の息子・晶郁の世話をすることになった俊。
    近寄りがたかった郁之とも過ごす時間が増え、俊の中に想定外の感情が芽生えてきて!?

    元保育士だったことに加え、特撮ヒーローが好きだったことがきっかけで、自身が勤める会社の社長である郁之の息子・晶郁の世話をすることになった俊。近づきにくいと思っていたのに、ふとした瞬間に見せられる郁之の笑顔にドキドキしてしまう。しかも郁之は「君に惹かれている」と距離を縮めようとしてきて!?
  • 最愛の幼なじみは掌のなか【特典付き】【イラスト入り】

    新社会人の結人は、4歳年上で眉目秀麗な幼なじみの維織に想いを寄せていた。ある日、酔った勢いで彼に好きだと告白してしまった結人。拒絶されると思ったのに、なんと付き合うことに! 戸惑いつつも恋人になれたことは嬉しくて心躍らせるが、その後も以前と変わらずただただ優しい維織に不安を感じはじめる。もっと甘く濃密な関係になりたいと思う結人だが…!? 兼守美行先生の美麗なイラスト入り♪ 【紙書籍特典の小冊子のショートストーリー付き】(※紙書籍の特典と同内容です。)
  • 鬼神様は過保護~恋する生贄花嫁~【特別版】

    ……おまえは、いろいろ無自覚すぎる

    鬼である慶月の贄に選ばれた晴輝。
    だけど、いつまで経っても子ども扱いされているようで……。
    鬼の子育ては伴侶の溺愛育成!?

    「かっこいい……。つのがある! すごい!」5歳で鬼である慶月の贄に選ばれた晴輝。家族のもとを離れて慶月と暮らすことになったが、慶月は幼い晴輝を細やかに世話してさらには甘やかしてくれた。天真爛漫に育ち「慶月大好きっ子」のまま思春期を迎えた晴輝は、贄の務めには夜の営みも含まれていることを知らされた。いつそうなっても良いようにソワソワしている晴輝とは裏腹に、何年経っても慶月は家族的な愛情しか見せてくれなくて――!?

    紙書籍発売時、フェア用に書き下ろされたSSを収録した特別版!
  • 紳士な狼の愛の巣で

    泉くんのことが、好きですよ

    トリミングショップで働く泉の周囲で続く、不審な点が多い事件。泉は心配性な幼馴染み、綾宥の屋敷に居候することになるのだが…。

    日本狼の末裔一族を統べる磐城家。その当主代理である綾宥は、トリマーである泉の年上の幼馴染みで、人間の姿の時はモデル並みの容姿の持ち主だ。ある時空き巣被害にあい、綾宥の屋敷に居候することになった泉。職場への車の送迎など、過保護な綾宥の想いを友情と信じて疑わない泉だったが、恋愛感情として好きだと綾宥に告白されて、以来綾宥を過剰に意識してしまい――。

    シャレード文庫『紳士な狼の愛の巣で』、溺愛紳士(注:もふもふ狼)コミカライズ!
  • 恋知らずのラプンツェル

    会社員の眞幸は、いわゆる「御曹司」。周囲は「後継者候補から外れた」と噂していたが、本人は今の静かな生活が気に入っていた。ある日、高校の先輩である成彰からパーティーに誘われる。エリート起業家で多忙なのに、昔から自分を気にかけてくれる優しい彼に憧れていた眞幸。しかしその夜、なんと成彰に告白される! 「今まで通りでいい」と彼は言うが、それ以来甘い視線を意識してしまって!? ※本文にイラストは含まれていません
  • 近距離家族はじめました【特別版】

    絢くん、このまんま流されてくれる?

    突然始まった甥っ子との生活を助けてくれる亮太。日常的に絢を助けてくれるけれど、亮太の真意が見えなくて……?

    事故で亡くなった兄夫婦の忘れ形見である駆を育てることになった絢。マンションの下の部屋に住む大学生の亮太がいろいろと手伝ってくれ、駆の登園の準備など日常的なことから絢が倒れてしまったときのフォローまで、亮太はいつも傍にいてくれる。彼が隣にいてくれる心強さと居心地のよさを感じながらも、世話になりすぎていることへの心苦しさが大きくなっていく。しかし、「俺から積極的に行くからね?」と亮太はさらに距離を詰めてきて……?

    紙書籍発売時、フェア用に書き下ろされたSSを収録した特別版!
  • 紳士な狼の愛の巣で【特別版】

    ……どれだけ泉くんを愛してるか、たっぷりと教えてあげますよ人狼の一族にして磐城家当主代理の綾宥と幼馴染みの泉。ある日、空き巣被害に遭った泉は綾宥の屋敷に居候することになるのだが…。「そういう態度は、男を煽るだけですよ」――日本狼の末裔が人に変化してできた人狼の一族の磐城家。その当主代理である綾宥は、トリマーである泉の年上の幼馴染みで、人間の姿の時はモデル並みの容姿の持ち主だ。ある時空き巣被害にあい、綾宥の屋敷に居候することになった泉。職場への車の送迎など、過保護な綾宥の想いを友情と信じて疑わない泉だったが、恋愛感情として好きだと告白されて…!? 以来綾宥を過剰に意識してしまい――。

    松幸 かほ (著), Ciel (イラスト)出版社:二見書房