出版社
二見書房
レーベル
シャレード文庫
発売日
2011.03.01
最終更新日
2011.03.01

  • 密愛監察

    2011.03.01発売

    価格

    700

    pt

    7pt還元

    この身体は、厭らしいことが好きなはずだ
    インテリ然とした眼鏡の下に、危険度第一級の牡の素顔を隠し持つ、
    捜査一課の問題児・鳴海廉。
    彼の素行を正すため、深窓のキャリア監察官・見城志人は
    今日も彼を呼び出すが…


    監察官の見城志人は、刑事部捜査一課のエース・鳴海廉にほとほと手を焼いていた。それというのも、初めての調査対象だった鳴海にあっさり尾行を見破られ、淫らなお灸を据えられてしまったことが原因だ。「感じやすいんだな。キスだけで、こんなになってる」――いいように弄ばれ三度もいかされた見城はその写真をネタに、以降の監察も軽くかわされる始末。だが困るのは、鳴海がただの嫌な奴ではないことで…。そんな折、警察内部を揺るがす事件がおき……。



    妃川 螢 (著), 汞 りょう (イラスト)
    出版社:二見書房

「密愛監察」レビュー


あなたにおすすめの作品