出版社
新書館
レーベル
ディアプラス文庫
発売日
2019.12.19
最終更新日
2023.09.08

  • 竜は無垢な歌声に恋をする・番外篇 竜に愛を誓う

    2022.08.19発売

    価格

    300

    pt

    9pt還元

    レヴィは、王都マクファーデンのオーウェル家で幸せに暮らしている。血の絆を結んだシリルから甘々に溺愛されていることはもちろん、ランドールには子供のように可愛がられ、アゼルやエリアスに見守られ、アランにも気にかけられ、これまでの寂しさとは無縁の日々。さらに王立音楽学院の試験に合格し、通わせてもらえることになったのだが……? あたたかさと優しさに包まれたレヴィの生活を描いた「竜は無垢な歌声に恋をする」番外篇。シリルと血の絆を結べなかった、リンフォード王子のその後も読めちゃいます!
  • 竜は無垢な歌声に恋をする

    2021.10.21発売

    価格

    700

    pt

    21pt還元

    自然界では目立つ白銀の鱗を持つ竜人族のシリルは、アゼルとランドール将軍に王都で育てられた。不自由なく不幸ではないものの、国の重責を担う将来を定められた窮屈な日々。その鬱屈をいつしか竜体で飛ぶことで解消するようになっていた。そんなある日、ひそかに訪れた森で聴いたのは、美しい歌声。シリルは、その澄んだ歌声の持ち主であるレヴィに惹かれ……? 「竜は将軍に愛でられる」、新たな”血の絆”の物語。
  • 竜は将軍に愛でられる・番外篇 王国のある一日

    2021.06.17発売

    価格

    300

    pt

    9pt還元

    アゼルがサルゼード王国の王都マクファーデンにあるランドールの屋敷へ迎えられて三ヵ月。アゼルはランドールに溺愛され、ずっと幸せに暮らしている。そして二人が血の絆を結んでから、王都に最初の冬がやってきて……? 竜人族アゼル、宰相エイムズ、将軍ランドール、ランドール腹心の部下ルースーーそれぞれの視点からある日の朝、昼、夜、そして翌朝の出来事を描く、「竜は将軍に愛でられる」番外短篇集。もちろんランドールとアゼルのあまあまラブラブなシーンもたっぷりでお届け!! (本作は著者サークルWAKIWAKI刊行の同人誌を電子書籍化したものです)
  • 王子は黒竜に愛を捧げる

    2020.04.16発売

    価格

    680

    pt

    21pt還元

    竜に執着する父の命で、辺境へ赴いたコーツ王国第九王子エリアス。怪我を負った彼が奏でる笛の音に誘われ、現れたのは大きな黒竜ーー竜人族の王弟アランだった。傷を癒し、帰国のために手を尽くしてくれたアランにエリアスは惹かれる。そして父王の命に従い再びエリアスが辺境を訪れた時、アランは危険を承知で王都へ共に来てくれると言い……? もう一つの“血の絆”の物語、「竜は将軍に愛でられる」スピンオフ!!
  • 竜は将軍に愛でられる

    2019.12.19発売

    価格

    680

    pt

    21pt還元

    竜人族の王の末子に生まれながら、二十年を経ても大人になれない厄介者のアゼルは「『25』に関する人間と会えば成体になれる」と告げられる。一族の村を出たアゼルが空から見下ろす街道を、二十五番目に通り過ぎたのはサルゼード王国の将軍ランドールだった。危地へと向かう彼に離れがたさを覚え、アゼルはそばにいたいと願う。そして戦乱で傷ついたランドールと”血の絆”を結んだ時、遂にアゼルに変化が訪れ……!?

「竜は将軍に愛でられる」レビュー


関連作品